読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる気だいじ

昨夜、意気揚々と「覚悟を決める!」と思い立ったもの、電車の中で本を読まずパズルゲームをずっとしていた、そんな私である。帰り道など歩きスマフォでプレイしたほどだ。ダメだなと思う。

というか、今日は本当にダメだったのだ。

目の前の課題にやる気が一切起きなかった。

 

というのも職業訓練の話である。

卒業まであと一ヶ月。授業も佳境に入りポートフォリオというものを作るカリキュラムを今行なっている。

が。

このカリキュラムが始まる数ヶ月ぐらい前に講師から

「授業受けてるだけじゃ就職決まらないから。

作品いっぱい作って、学校だけじゃなくて独学でwebの勉強しないとやばいよ」

と言われた。

バカな私は「やばいのか…」と言われそれなりにそれなりの事をした。それなりに。独学でやってるうちにポートフォリオというものも必要らしいので作ってみた。…その一ヶ月後にポートフォリオ作成というカリキュラムがある事を知らずに…(時間割はずっと教室に置き勉していたのだ)

というわけポートフォリオもうできちゃっているのである。紙もサイトも。

もちろん、もちろんそのポートフォリオの出来が100%良いとも思ってないし、作品もイマイチなのもわかっている。とりあえず新しい作品を作らないといけないのだが、

 

めんどくさい

 

結局「webサイト 企画書」の検索結果を眺め続けて本日は終わった。

明日はちゃんとやります。はい。

 

 

そういえば件のポートフォリオの授業中、近くの席の生徒さんが自分のポートフォリオのコンセプトを考えていて先生にわりと厳しめなアドバイスを受けていた。

近くの席の人「僕はコーディングがとても得意なんです」

先生「えっ、の割には学校の授業受けただけなんだよね?」(※実際はもっともっと優しくオブラートに言ってました)

近くの席の人「そうですね〜」

 

それを聞いてやっぱ愛されてる人は強いんだなと思いました。

自分は、一ヶ月前先生に言われた時やべえ!どうしよう!バカだから頑張らないと死ぬ!と思って私なりにそれなりをやりました。

でも、同じ状況でそれを聞いてた近くの席の人は(そして今授業中に必死で作品を作ってる人達は)「なんとかなる」と思ってた訳で。

その人と私の違いってなんだろうかと。

「私が勤勉な真面目ちゃんだったから」だったらわかりやすいのですが、自分は真面目系クズの極みですし自分に自信など一切ない。でも彼らは「得意」と思ってる。自己肯定ができてる。それに、そう言えるだけの余裕がある。

自分にはないものです。

私は自分に「これができます」と胸はって言えることが何も浮かばないのです。

羨ましいなと思う今日この頃です。

なんかこの書き方だと馬鹿にしているみたいですが、彼らより私の方が知能指数確実に下です。

 

でも、授業中ずっと振り向いて後ろの席の人のモニターをみてニヤニヤしていてそのせいでしょっちゅう初歩的な事を先生に質問しまくっている人だけは下に見ている。

世の中いろんな人がいるものですね。