読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凹んでいる

タイトルの通り凹んでいる。

 

本日も職業訓練だった。
授業は大詰め、今日はまる一日中自分でデザインしたwebページをコーティングという作業だった。
先週ちょうどindexページのコーティングが終わったので朝から先生に添削していただいたのだが、これがまあ、ボロボロ。paddingとmarginの違いを説明されるなどと本当に残念な結果に終わった。

 

個人的には、色々、授業で習ってないこともふんだんに盛り込んでかつスピーディーにコーティングできたと思ってたのだ。

 

正直に最初に先生に指摘された時は少しむくれていた。…むくれていたというかあーあー聞こえない、という状態とでもいおうか。
頭の中は言い訳でいっぱいで、それをグッとこらえた。
2回目の指摘は言い訳が堪えられず結果墓穴を掘った。
3回目は己でデザインしたくせにどうしてもうまく実装できないことがあって先生にヘルプを求めた。

 

なので今凹んでいる。

 

あわよくば、とすぐ脳に「お前は何もできないクズだ」「死ねばいいのに」という言葉が浮かんでくる。

「いやいや初心者ですし、半年前は全然知らなかったですし」と前向きになりたいのだが。

私は、内心他のクラスメイトを馬鹿にしているのだと思う。
クラスメイトのことを休みの日も予習なんかせずに、授業中先生の話を聞かずにアニメやゲームの趣味のサイトばっか見て検索すればすぐわかることを先生に質問していちいち授業止めてそのうえ「肩書きはwebデザイナーです☆」と平然と言ってる人たちだと思ってる。
私は違う。予習も復習もするし、webデザイナーで働くと決めたのだから色々情報収集して、デザインも色々考えて作って、わからないことあっても誰にも頼らず自分で調べまくって解決してきた。だから私は他の人たちとは違う。だから私に一目置いてくれ。すごいって言ってくれ。認めてくれ。

…そう思って毎日行ってたんだ多分。

学校だけじゃなくて今までも。

典型的な自己愛である。

 

が、現実はそうはいかないのである。

本当にすごい人とは違う、私は結局真面目系クズなのだ。


と、まあここまでつらつら内情を書いてみたが途中から本質が変わってる事に気付いていた。
先生はコーティングの内容に「先生」だから添削してくれて指摘してくれた。ただそれだけである。
そこには「怒鳴り声」も「罵倒」も「自己否定」もない。穏やかに、「注意」ですらなく「指摘」・「アドバイス」をしてくれて、修正したらまた見せてくださいと「再チャレンジの機会を与えてくれた」。

 

そもそもコーティングがダメだからって人生終わらないのである。
「間違ってた」それだけであり、その後は先生のアドバイスがあって「自力で90%は修正」できた。
別に、そんな、なんで、こんな、落ち込むの?

傷つきやすくて困った人 (イースト新書)

傷つきやすくて困った人 (イースト新書)


今の自分はこの本に載っていた
『ちょっと仕事のことで指摘をしたただけなのに自己を否定されたと思い職場を辞める人』そのものである。

言い訳をしよう。
長年、私は特殊な環境にいた。
服が端まできっちり畳めなかったことや皿洗いをして水が床にちょっと濡れたとかいう小さな事ですら「お前は何もできない」と怒鳴られ、最悪殴られていた。そんな環境に23年間ずっといた。
だからちょっとしたことですら自己否定に走る。それが慣れ親しんだ自分の思考パターンである。
23年間もだ。そんな急に思考回路が変わるか。

だから今はこうやって自分の思考パターンをきちんと認識すること。
「まだ社会出る前でよかった」「先生が問題を問題とわかる先生でよかった(コーティング上の問題でありブラウザ上ではぱっと見わからないのだ。)」「先生しっかり解説してくれてよかった」などなとと良い方向に考えること。
明日はまた頑張ってトライするためにお風呂に入ったりすることしてコンディションを整えることである。
もう凹まない、と思う事は無理だろう。

ただ問題の本質を間違ってはいけない。
私はコーティングでちょっとつまづいた、それだけなのだ。